首痛・腰痛 (首や腰などの脊髄の障害)

  • 首痛・腰痛

    脊髄の損傷による引き起こされる首・肩・腰などの痛み

    脊髄とは、脳から背骨の筋を通って伸びている太い神経のようなものです。脊髄にはそれぞれ名前がついており、それは首・背中・腰部分にわたっています。
    そのため、脊髄の障害が首・肩・腰の痛みなどを引き起こすのです。

    脊髄は非常にやわらかく繊細なため背骨に守られているのですが、外部からの圧迫し続けられることにより、足や手先からのしびれから始まり、運動機能障害にまで症状が重くなります。

  • こんなことが原因!!

    やもと整骨院

    足を組んで長時間座っていたり、長い間のデスクワーク、重い物を持つようなことで知らない間に脊髄が圧迫され、障害が引き起こされます。

    高い所から落ちたり、重い物が背中にあたるという労働災害時や、近年多い交通事故なども脊髄障害の原因となっております。

やもと整骨院での治療方法

炎症が強い場合は物理療法で細胞を活性化し、治癒反応を高めます。

炎症が強い場合は物理療法で細胞を活性化し、治癒反応を高めます

筋肉の過緊張はマッサージでほぐします。

筋肉の過緊張はマッサージでほぐします。

7個の頚椎、12個の胸椎、5個の腰椎のねじれを矯正して、ゆがみを正します。

炎症が強い場合は物理療法で細胞を活性化し、治癒反応を高めます

患部を安定されるため、筋を補強するテーピングやコルセットを処方することもできます。

患部を安定されるため、筋を補強するテーピングやコルセットを処方することもできます。

やもと整骨院